【セブンティーンアゲイン】のあらすじと感想

DVD

どうも♪

小さい頃から洋画大好き勢のハルです!

 

今回は「セブンティーンアゲイン」を見たので、あらすじと映画の感想をネタバレしない程度にお伝えできればと思います。

 

結論からいうと、めっちゃ面白いです!

 

人生をやり直したいと思っている方は、是非みてほしい映画です!!

 

スポンサーリンク

セブンティーンアゲインのあらすじ

 

高校生の17歳の時にオドネル(主人公)は人生で大事な決断をします!

 

オドネルはバスケットが上手く、大学からスカウトがくるほどのプレイヤーで、このまま進めばバラ色の人生を送れるはずでした。

 

 

しかし大学からスカウトが見に来る大事な試合の直前に、付き合っていた彼女から妊娠したという報告を受けてしまいます!

 

その報告を受けたオドネルは試合を途中で放棄し、帰ろうとする彼女を止め結婚することを決意しました!

 

それから37歳になった彼の人生は全く上手くいかず、妻に家を追い出され子供たちからは完全にシカト状態。

 

全てはあの17歳の決断が間違ったのだ!と過去の栄光にとらわれているオドネルの前に謎の男があらわれ、気がつくとオドネルは17歳になっていました!

 

スポンサーリンク

セブンティーンアゲインの感想

 

個人的に人生について考えさせられる映画はスゴく好きなので、かなり面白かったです!

 

タイムスリップ的な感じの映画ですが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などとは違い、主人公のオドネルだけが若返るので、その点も非常によかったです。

 

自分の子供と同じ学校に通い、身近で触れあっていくなかで子供に対する意識も徐々に変わっていき、自分がいかに子供のことを知らなかったかを知るオドネルは、妻に対する意識もしだいに変化していきます!

 

 

これ以上はネタバレになりそうなので、この辺で終わっておきます。

 

ちなみに、主人公のマイク・オドネルを演じているザック・エフロンがめちゃくちゃカッコいいのも個人的にはグッド!

 

サングラスをかけて学校にくるのですが、若いころのトム・クルーズが頭にうかんで、うらやましいと思いました!!!

 

正直あんな顔に生まれたかった!(笑)

 

スポンサーリンク

セブンティーンアゲインのキャスト

監督 バー・スティアーズ

脚本 ジェイソン・フィラルディ

 

キャスト

  • ザック・エフロン
  • マシュー・ペリー
  • レスリー・マン
  • ミシェル・トラクテンバーグ
  • トーマス・レノン
  • スターリング・ナイト
DVD洋画
スポンサーリンク
xharuxをフォローする
ハル ドットコム

コメント