映画「ボックス!」のあらすじと感想

DVD

こんばんわ!ドラマや映画が好きなハルです♪

 

今回は「ボックス!」を見たので、あらすじと感想を紹介します。

 

結論から言うと、普通でした!

 

個人的は、あしたのジョーの方が良かったかな?って思いましたねw

 

スポンサーリンク

映画「ボックス!」あらすじ

 

真面目でやりたい事がないユウキ(高良健吾)は、部活に入らず勉強ばかりしていた!

 

そんな中、小学校の時に同級生だったカブ(市原隼人)と出会い、一緒の高校に通っていたと知り、カブから「ボクシング部に入部しないか?」と誘われたユウキは、練習を一度みにいくことに!

 

 

小さい頃から知りで、イジメられていた所を、助けてくれたカブに憧れていたユウキ!

 

そんなカブの練習試合を見て、ボクシングに興味がわいたユウキは、すぐに入部することに決める。

 

ボクシングの才能に溢れ、無敗のカブだったが、性格はめんどくさがりで練習をあまりしなくなる。

 

反対に、真面目な性格のユウキは毎日コツコツと地道に練習を重ねていく!

 

 

そして、二人はやがて運命のライバルになることに!

 

スポンサーリンク

映画「ボックス!」感想

 

高校生のボクシング部に入部した幼なじみの2人が、共に練習をして試合をしていく内容です。

 

 

ボクシングにそこまで興味がなくても、そこそこ楽しめると思います。

 

単に「市原隼人が好きだから見る!」という理由でもね!

 

特にこの「ボックス」はボクシングだけでなく、高校生の部活動という視点なので、色んな要素が絡んできます。

 

 

カブ(市原隼人)が途中でグレてヤンキーになったりなど

 

普通にボクシングの映画と思ってみると、試合の数はそこまで多くないため、カブとユウキ(高良健吾)以外の部員の試合はほとんどありません!

 

 

それもあってか、他の部員の子らの印象が少なく、映画を見ていて、部員たちが喜んでいることに共感しづらい点がありました!

 

 

もう少し他の部員もピックアップしてほしかった(T . T)

 

マネージャーはたくさん出てきますがw

 

ただラストの試合の演出は、かなり良かったです!

 

観客の声もなく、ボクシングの試合の音しかなかったのはテンション上がりました!

 

 

また最後のラウンドの見せ方も、予想してない終わり方をしたために少し感動しました!

 

 

と言っても、同じボクシングの映画なら、実写化の「あしたのジョー」があり、個人的には「あしたのジョー」の方が面白かったかな?

 

 

実際の評価は「ボックス!」の方がいいですがw

 

亀田興毅が出演している!

 

そおいえば、映画の後半で亀田興毅が出演しており、観客席からヤジを飛ばしてるのは面白かったです!

 

まあ15秒ほどしか出てませんがw

 

ボクシング業界を盛り上げた人の1人といっても過言ではない人なので、出てきた時は嬉しかったです!

 

 

スポンサーリンク

映画「ボックス!」キャスト

監督 李闘士男

脚本 鈴木謙一

原作 百田尚樹

キャスト

  • 市原隼人
  • 高良健吾
  • 谷村美月
  • 香椎由宇

 

DVD邦画
スポンサーリンク
xharuxをフォローする
ハル ドットコム

コメント