映画【ギャングース】あらすじと感想

DVD

 

夜中に急ピッチでリライト作業をしているハルです!

 

今回は「ギャングース」をみたので、あらすじと感想を紹介します!

 

結構から言うと、めっちゃ面白かったです!

 

ただ、ほとんど暗い雰囲気の映画なので、割と見ていて気持ちが沈んでいきます。

 

スポンサーリンク

映画【ギャングース】あらすじ

 

あらすじは映画.comから引用させてもらいました。

 

ルポライターの鈴木大介による未成年犯罪者への取材をもとに裏社会の実態を描いた人気コミック「ギャングース」を、「SR サイタマノラッパー」「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督が実写映画化。「渇き。」の高杉真宙、「金メダル男」の加藤諒、「勝手にふるえてろ」の渡辺大知が主演を務め、犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す3人の少年たちの生き様と友情をリアルに描き出す。親から虐待され、学校に行くこともできず、青春期のほとんどを少年院で過ごしたサイケ、カズキ、タケオの3人。社会から見放された彼らは、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」(窃盗、強盗)稼業に手を染める。暴力団排除の機運を受けて裏社会のヒエラルキーが転換期を迎える中、3人は後戻りできない危険な領域に足を踏み入れていくが……

スポンサーリンク

映画【ギャングース】感想

 

映画の序盤は見ていて何かツライです!

 

どん底にいる人間がどんどんどん底に落ちていくので、気持ちが落ちていきます!

 

 

しかし、途中から展開が変わっていき、最後はまさかの展開にビックリします!

 

特に加藤諒の存在がいいです!笑

 

3人ともキャラが違うので、何かあるたびにそれぞれの反応が面白いですw

 

スポンサーリンク

映画【ギャングース】キャスト

監督 入江悠

脚本 入江悠
   和田清人

原作 肥谷圭介
   鈴木大介

キャスト

  • 高杉真宙
  • 加藤諒
  • 渡辺大和
  • 林遣都
  • 山本舞香
  • 金子ノブアキ
  • 篠田麻里子
DVD邦画
スポンサーリンク
xharuxをフォローする
ハル ドットコム

コメント