映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」あらすじと感想

DVD

 

 

スポンサーリンク

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」あらすじ

あらすじは映画.comから引用しましたが、あらすじにネタバレがあるので見る際は気をつけてください。

 

J・J・エイブラムス監督によりリブートされた人気SFシリーズ「スター・トレック」(2009)の続編。前作に引き続きエイブラムスがメガホンをとり、クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらメインキャストも続投。TVシリーズ「SHERLOCK シャーロック」でブレイクした英俳優ベネディクト・カンバーバッチが、冷酷な悪役ハリソン役で登場する。西暦2259年、ジェームズ・T・カーク率いるUSSエンタープライズは、未開の惑星を調査中に陥った予期せぬ危機から脱するため、重大な規則違反を犯す。無事に地球へ帰還できたものの、カークは艦長職を解かれてしまう。そんな時、ロンドンの艦隊基地が爆破される事件が発生。艦隊士官のジョン・ハリソンという男が真犯人であることが判明する。すぐさまハリソンを捕らえるよう命令が下るが……。

映画com

スポンサーリンク

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」感想

 

今回は新たな敵である、カーンが超人で人間離れした運動神経や頭脳で、カーク達をほんろうさせます。

カーンの上手いコミュニケーションで洗脳し、自分の目的のためにカーク達を信用させて手伝わせて、ジョン・ハリンソンに復讐する計画をねってカーク達を誘導していきます。

 

スポンサーリンク

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」キャスト

監督 J・J・エイブラムス

脚本 ロベルト・オーチー
   アレックス・カーツマン

原作 ジーン・ロッデンベリー

キャスト

  • クリス・パイン
  • ザッカリークイント
  • ジョン・チョウ
  • レナード・ニモイ
  • エリック・バナ
  • クリス・ヘムズワース
DVD洋画
スポンサーリンク
xharuxをフォローする
ハル ドットコム

コメント